医療健康データ統合研究教育拠点

医療健康データ統合研究教育拠点

 

目的

東海国立大学機構構想の下、新しい研究拠点の整備等による研究力強化を実現するため、名古屋大学と岐阜大学の診療情報を収集するための臨床研究プラットフォームの基盤となる標準化リポジトリ・システムを、名古屋大学及び岐阜大学にそれぞれ構築。仕様やデータ構造が違う複数ベンダーの電子カルテシステムからデータを収集し、データ駆動型の研究を推進する臨床研究のプラットフォームを構築する。

 

概要

まずは、各大学が保持している電子カルテのデータを統合利用するためにサーバ導入、マスターの標準コード対応調査、標準化リポジトリ出力仕様の設計を実施。その上で、更に拡張して国際的なデータ駆動型の臨床研究を推進できる環境にまで発展させる。

  

目指す成果

東海国立大学機構において、教育・臨床・研究の強化のために、診療情報を収集する基盤となるデータの標準化リポジトリ・システムを構築し、病院のデータ活用モデルから地域データの統合、国際共同研究のためのプラットフォーム形成を目指す。

 

社会への波及効果

複数の医療機関が合同して臨床研究のプラットフォームを形成することによって、地域医療の見える化、地域医療連携システムの実現を通して、世界基準の医療と比較することによる医療レベルの向上が期待出来る。さらに、このプラットフォームのデータを利用して、最先端のAI解析等様々な臨床研究への応用効果が見込まれる。

 

20200323_iryo1.jpg