アカデミック・セントラル

勇気をもってともに未来をつくる

東海国立大学機構が目指す教育

デジタル革命やグローバル化が急速に進展し、社会が急激に変化する今日、世界は環境問題や人口問題など様々な社会課題に直面しています。また、産業構造も大規模かつ急速に変化することが予測され、岐阜大学と名古屋大学が位置するこの東海地域も、その変化に対応していく必要があります。このような課題を解決するために、新たな価値を創造して、世界や地域に貢献できる人材が求められています。

東海国立大学機構は、こうした社会課題に対して新たな価値を創造して対応できる人材を世界や地域に送り出していくことを目標とし、「勇気をもってともに未来をつくる」を教育の共通理念として掲げました。また、学生の皆さんが身につけるべき新たな価値を創造できる力を「考え抜く力」「進める力」「伝える力」と位置付け、これらの力を育成するための取組を進めていきます。

また、「ともに未来をつくる」には、従来の教員が学生に対して教えるという教育だけではなく、学問分野や国境、世代を超えて、学生の皆さんだけはなく社会の多様な人々が集い、皆で考えてともに成長していくという意味も込めています。

東海国立大学機構では、両大学の教育関係組織を連携させ、この理念に基づいた教育を創造し推進するための組織としてアカデミック・セントラルを設けました。

academic-central1.jpg

  

アカデミック・セントラルの取組

アカデミック・セントラルは、東海国立大学機構における教育をデザインし、そのデザインのもとで、岐阜大学と名古屋大学における以下のような取組を推進していきます。

  • 異分野への開かれた態度と協調を通した創造性を身につけ、現代社会が抱える問題に挑むためのリベラル・アーツ教育の推進。
  • 現在の若しくは将来予測される課題の発見や解決に挑むための数理・データ科学教育の充実。
  • 国や宗教、地域によって異なる多様な考え方に触れることにより、社会が抱える課題の本質を理解するとともに、その解決策を世界の人々とともに導くことができるようにするための英語教育の充実。
  • 他者と協働して実行する力を身につけるとともに、より深い学修成果を得ることができる学生主体の教育への転換を進めるためのアクティブ・ラーニングや学生の学修成果の可視化の推進。
  • 実社会の課題に触れることにより、その課題に対する理解を深め、新しい発想を生み出すことができるようにするための、企業や社会と連携した教育の推進。

 

 20200727_img.jpg
 

取組の事例

大学院・社会人を対象にした数理・データ科学教育

 

  academic-central3.jpg academic-central4.jpg

 

岐阜大学・名古屋大学の大学院生と、社会人の受講者が参加して、企業から提供されたデータをもとに実社会の課題について分析し、課題解決を図る「データサイエンティスト育成事業」を実施しています。

 

遠隔講義システムを活用した英語による講義

 

academic-central5.jpg

 

Studium Generaleとは、 ヨーロッパで800年の伝統をもつ“開かれた”様式の大学のことを指します。教員が、様々なトピックで初心者にも分かりやすく、噛み砕いた講義を英語で開講します。岐阜大学と名古屋大学のキャンパスを結んだライブ中継で実施し、両大学の学生が、どの会場からも受講することができます。